物語は佳境へ――ッ!

後編突入の物語


「運命の赤い瞳Special Edition(以下運赤SE)」も今作を持って3巻目に突入しました。ここまで私の趣味を突き抜けた作品をお送りすることができましたのも皆さんの応援のおかげだと思っております。運赤SEは当初全4巻を予定しておりましたが、皆さんの声援にお答えして全5巻に延長する予定です。残り二作の物語とはなりましたが、期待してお待ちしていただくと幸いです。 さて、今回の3巻はかなりの曲者となっております。表紙は三人共引き締まった表情、謎の少年レイと霍青娥の暗躍、前作で『戦争』を目の当たりにしてしまった早苗が思い悩む場面など……私が普段出している他の小説に比べ、ダーク色が強くなっているシナリオとなっております。また、最も次の巻に向けてつなぎとなる作品ではあるため、SE1、SE2と比べてSE3は単体で楽しむ分にはやや難しい場面が多いと思われます。その分、今作と次回作以降を組み合わせて見ることで、楽しめるような構成にしているつもりですので、お手に取ってくださる方はSE4、SE5の物語を覚悟するような気持ちで、楽しんでいただけると幸いです。