「運赤4」は初期案のお披露目回


運赤4について、このページではあまり中身を語りません。語れません。

何を話してもネタバレになるのではないかと思うからです。

ただ一つ言えるのは、物語の終わりに向かうために必要な展開がぎっしり詰まっている、ということだけ。

また、前作に引き続きネット公開版では没になった要素がたくさん含まれております。運命の赤い瞳を書きはじめた7年前の当時は、私自身が未熟だったことと、様々な都合で書き表すことができませんでしたが、今作においてようやく日の目を浴びることとなりました。

 

読んでいただけるとすごくうれしいです。